フリーター向け就職サイトにも色々あるぞ

アルバイトを辞めることも決まったわけだし早速、就職活動に入りたいと思う。

もちろん私は20代なのでフリーター向け就職サイトを使うつもりだ。

だがしかし、迷っている。

それはフリーター向けの就職サイトがたくさんあるからだ。

ちょっと紹介する。

フリーター向け就職サイトの候補

調べてみたところ、フリーター向け就職サイトは以下の5個が有力候補だ。

  • ハタラクティブ
  • ジェイック
  • UZUZ
  • いい就職.com
  • 第二新卒エージェントネオ

もちろんそれぞれ異なった特色を持つ。

果たしてどこのサイトを使えばいいのだろうか。

ちょっと困った。

フリーター就職支援サービスの種類

リサーチした結果を軽く共有しよう。

フリーター就職支援サービスは大きく分けて2通りだ。

研修型

まずは研修型。

まとまった期間集中して研修を行いそのまま内定に結びつくというのがこの研修型の特徴だ。

ジェイックやUZUZがこの研修型サービスを提供している。

この研修型のメリットは強制力が働くという点だろう。

研修に参加している限りは常に道が切り拓けている状態だ。

研修に参加しているだけで内定をもらえるような気がしてくる。

一方でデメリットはちょっと怖いということ。

これは私だけかもしれないが研修にいいイメージがない。

よって怖い。

もっとも正社員になるからには怖いなんて言ってられないのは百も承知だが。

いずれにせよ気持ち的な参加のハードルがやや高いからこそ、参加するだけで他の就職希望のあるフリーターより優位に立てるのは間違いないだろう。

相談型

そしてもう一つのタイプが相談型。

ハタラクティブ、第二新卒エージェントネオ、いい就職.com、UZUZがこのタイプに相当する。

ちなみにUZUZは相談型と研修型を両方展開し、とても攻めている印象だ。

このような相談型のサービスでは各種対策及びに厳選された企業を紹介してくれる。

メリットは研修型と比べても気軽に利用できる点だろう。

気軽にできるから「相談」なのだ。

対するデメリットは強制力がないこと。

気軽に相談できる反面、強制力がまるでない。

まさに研修型と正反対だ。

それでも、安心してほしい。

相談型を利用しても、内定をもらっている人は数多く存在するから。

結局どちらを利用するにせよ、すべては自分次第なのだろう。

私が利用する予定のフリーター就職サイトは?

ちなみに私は相談型のサービスを利用してみようと思う。

その理由は研修にいいイメージが持てないか。

いわばトラウマだ。

そんなわけでまずは相談型のサービスから利用することにした。

それでダメだったら、研修型のサービスを利用することにしよう。

何事も順番が大切なのだ。

なおフリーターの就職に関する情報はリンク先が非常に役立った。

是非活用してほしい。